アキュミン静注 承認のお知らせ

アキュミン静注 承認のお知らせ

厚生労働省は3月23日に、新医薬品として20製品を承認しました。

脳腫瘍関連では、日本メジフィジックスより製造販売承認申請が提出されていた、アキュミン静注(フルシクロビン(18F))が承認されました。

効能・効果は、「初発の悪性神経膠腫を疑う患者における腫瘍の可視化。ただし、磁気共鳴コンピューター断層撮影検査による腫瘍摘出計画時における腫瘍摘出範囲の決定の補助に用いる」ということで、悪性神経膠腫の手術計画を立てるときに腫瘍を可視化する、診断用の医薬品です。
日本脳神経外科学会から早期承認の要望書が出されていました。

**************************************
このコンテンツはアクセス制限されています。ユーザーの方はログインしてください。
**************************************

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
パスワードをお忘れですか? パスワードリセット
はじめての方はこちら 新規ユーザー登録
新規ユーザー登録
必須項目
Powered by WP-Members