セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、主治医以外の医師の意見を聞くことです。

  • 脳腫瘍においてセカンドオピニオンは大切です。
  • セカンドオピニオンをしてくれる病院を探しましょう。
  • これまでの経過と主治医の意見等を整理しましょう。
  • 実際にセカンドオピニオンを受ける時。
  • セカンドオピニオンを受けた後。
  • セカンドオピニオンの料金

脳腫瘍においてセカンドオピニオンは大切です。

脳腫瘍という言葉を医師から聞いたとき、ほとんどの方がどうしてよいか分からないままその医師の話を聞くと思います。
すぐに治療を始めなければならないものもあれば、しばらく様子を見る余裕があるものもありますが、
そのようなことが分からないまま、治療の方針を医師から聞かされ、その方針について決断を迫られることもあります。
脳腫瘍といっても大変多くの種類があり、それぞれに治療法が違いますし、年齢などによっても変わってきます。
病理診断が出ていれば治療法も限られてきますが、この病理診断も経験を積んだ医師でも迷うことがあるくらい難しいものもあります。
また、脳腫瘍の患者数自体が少なく、その中でも多くの種類に分かれますので、病院によってはその種類の脳腫瘍はあまり経験を積んでいないということもあります。
患者や家族である私たちが、それら数多くの脳腫瘍の種類や特性、治療法について知識を得ることは簡単ではありません。
その中で、治療方針を選択するのは患者本人(家族)であると言われても、正確な情報を収集する手段は現在のところほとんどありません。
その意味で、より正確な知識や情報を持った医師に相談することは、当たり前のことといえます。
その医師が主治医以外であれば、より正確な治療方針の選択が可能になるということは当然です
セカンドオピニオンというと、現在の主治医が信じられないため、より良い医師や病院を求めて探し回ることと同一視されがちですが、
主治医との信頼関係があろうとなかろうと、患者(家族)が主体的に自分の治療方針を選択するために複数の医師の意見を聞くという、当たり前なことであり必要なことなのです。
しかし必ずしなければならない「手続き」ではありません。自分の意志で行うものです。
時間と手間がかかりますが、必要だと思ったら迷わず行うほうが良いと思います。

セカンドオピニオンをしてくれる病院を探しましょう。

大学病院はほとんどセカンドオピニオンを受け入れてくれます。また近年では、セカンドオピニン外来などを設けている病院もあります。
会員専用ページに脳腫瘍を診療する病院の一覧があります。
どの病院でもいいというわけではありません。病院によってあるいは医師によって数多い脳腫瘍の種類ですから得意分野があるかもしれません。
ホームページなどで確認しながら探す努力が大切です。
脳腫瘍で神経膠腫や下垂体、髄膜腫など100数種類以上の腫瘍がありますので、それぞれ得意とする医師の受診をお勧めします。

☆セカンドオピニオンをとるまでの主な手順

・セカンドオピニオンを取る病院を探す。
   ↓
 ・主治医にセカンドオピニオンをとりたい旨相談し、同意を得る。
   ↓
 ・病院を予約する。(料金等の確認も必要)
   ↓
 ・必要資料を入手する。(セカンドオピニオンを取る病院に確認して下さい)
 ・主治医からの紹介状
 ・診療情報提供書
 ・血液検査記録
 ・MRI検査、CT検査のフィルム
 ・病理組織検査の報告書 など
 ・患者さん本人の署名がある相談同意書 ※ご本人が来院できず、ご家族が相談を受けられる場合
 ・ご相談者との続柄を示す書類(健康保険証など)※患者さんが18歳未満の場合。
   ↓
 ・相談内容は事前に整理しましょう。病院によっては相談シートがあります。
   ↓
 ・来院

これまでの経過と主治医の意見等を整理しましょう。

経過をメモしておくことは、治療法の選択をするときにも必要ですので、必ず行います。
紹介状があるときは主治医の意見はセカンドオピニオンの医師に伝わりますが、それでも自分が受けた主治医の説明はきちんと記録しておきましょう。
治療法の選択をするに当たって聞きたいことを整理しておきます。初めて脳腫瘍について医師から話を聞くとき出来れば複数(患者と家族あるいは家族同士)でメモをつくると、より正確なものが出来ます。

実際にセカンドオピニオンを受ける時。

治療法の選択のためです。それを念頭において医師から話を聞くことを忘れないでください。
主治医から受け取った資料とこれまでの経過のメモを渡します。
事前に聞きたいことを整理して、医師の意見を聞きます。
「こんなことを聞いたら笑われるかもしれない」と考えず遠慮なく質問します。
医師の話はきちんとメモをしましょう。可能ならば医師にメモを渡して書いてもらいましょう。
治療の選択の幅と考えられる予後についてはしっかり押さえておきましょう。

セカンドオピニオンを受けた後。

二人以上の医師の話から、自分の(家族の)脳腫瘍とその治療についてある程度理解できると思います。
治療法については十分理解したうえで、判断します。
まだ納得いかなければ、さらにセカンドオピニオンを行うことも可能です。
その場合に、手間と時間がかかることを考慮してください。手間については耐えることが出来ますが、時間については考えられる病気の進行を想定しておきます。
しかし、これらを妥協することは後々まで尾を引く可能性もありますので、最初のセカンドオピニオンの選択が大切になることを理解していただきたいと思います。

セカンドオピニオンの料金

医療機関によって、料金にはかなりの差があります。決して安価な料金ではありませんので、事前にセカンドオピニン外来の受付に確認してください。
全額自費です。 事前に質問事項をまとめ、貴重な時間の中有益な情報を入手してください。

<某大学病院参考例>

料金
 ☆30分単位21,000円。30分超60分まで42,000円(最長60分)
 ★全額自費で、健康保険は適用されません。

ページのトップへ